シャキシャキ新鮮でおいしい!りんご4971の保存方法

りんごはシャキシャキ新鮮なのがおいしい!風味が損なわれてシャキシャキ感がなくなったりんごはやはり嫌ですよね。りんごは上手に保存することで長期保存ができる果物なんです。美味しくりんごを食べるためにも、新鮮さを保ったまま保存する方法についてご紹介します!
まず、りんごの保存に最適な環境は低温で湿度が高いところです。品種によって保存できる日数が変わり、蜜入り・秋映・つがる・赤玉・ジョナゴールドなどは長期保存に向いていません。長期保存には「ふじ」という品種が向いています。
りんごを保存する場合にはまず、りんごをひとつずつラップに包みます。このとき、空気が入らないようにぴったりと包むようにしましょう。包み終えたら、1個~2個ずつビニール袋に入れてしっかりと空気を抜いて密封します。あとは冷蔵庫の野菜室に入れて保存しましょう。これで、2週間から1カ月保存可能です。
切ったりんごもしっかりとラップで包みビニール袋で密封すれば、野菜室で保存可能です。塩水に浸けてから保存すると変色を抑えることができます。また、りんごは冷凍するとシャキシャキさが失われてしまうので食感を楽しみたい方には冷凍保存は向いていません。もし冷凍保存する場合は、りんごを薄くスライスするか、すりおろしにするのがいいでしょう。
以上、りんごの保存方法をご紹介しました!上手にりんごを保存して、新鮮でおいしいりんごを楽しみましょう!