知って得する、失敗しない美味しいりんご4971の選び方

りんごは一年中スーパーなどで売っていますが、中にはスカスカのりんごや甘みが薄いりんごも混ざっていますよね。せっかくならば、新鮮で甘いりんごが食べたいですよね。そこで、美味しいりんごの見分け方をいくつか紹介したいと思います。
まず、りんごの旬は、秋から冬です。本当に美味しいりんごは、やはり旬の時期のものになります。大きさに関しては、大きいものや小さいものよりも中くらいの大きさのりんごが良いと言われています。持ってみて重みがあるものを選びましょう。また、指ではじいたときに、澄んだ音やはずんだ音がするりんごは身がしまっていて新鮮です。色に関しては、赤い色の良くついたもののほうが味が濃く甘みと酸味のバランスがベストなようです。他にも色を見るときは、りんごのおしりの色に注目してみてください。おしりの色が青や緑よりも黄色やオレンジ色のもののほうが食べごろです。臭いに関しては、熟したものは良い香りがしますが熟しすぎているものは発酵臭がでています。他にも、ツルがみずみずしいものは新鮮です。品種としては、名前の頭に「サン」がつくりんごは、無袋りんご(袋をかけずに育ったリンゴ)なので、とても甘いりんごです。
スーパーなので購入する際には、以上の条件を踏まえながら、袋売りではなく、ばら売りのりんごから選ぶようにするといいかもしれませんね。